ジョナサンが企む女性の見解など

女性に好かれるにはやっぱり外見も大事

 

女性は男性の内面も重視する人が多いですが、やっぱり外見やファッションに対する目線も厳しいです。

男性はデートや合コンに出かける前に、トーク力や口説きのテクニックを学ぶのもいいですが、自分の身だしなみやファッションも見直してから、第一印象が女性から好まれるかをチェックしてみてください。

女性目線から男性のファッションをどう見られているのかは考えるのは難しいですが、どんな人にとっても一番重要なポイントは、その服装や育毛剤がその人に似合っているかどうかです。

いくら流行を抑えているつもりでもその人に似合っていなければ違和感しか感じられません。

後は万人に共通して言えるポイントとして、清潔感も基本中の基本です。ちょっとした癖や身だしなみでも不潔な性癖が表れやすいですから、外見だけでなく無意識のしぐさや持ち物にも気を配ってみましょう。

見た目が良ければ、女性から声をかけられる確率も高くなります。

 

誕生日のデートやお祝いで大切にしたいこと

 

デートの定番といえば、やっぱり誕生日に記念に二人にどこかに出かけるときですね。

女性は誕生日に祝ったりするのを大事にしますし、カップルになればお互いの誕生日はお互いにとって特別な日になるはずです。

親しくなるにつれて、誕生日を祝う回数は減ってくるかもしれませんが、できれば相手の事を見直すきっかけとしてもそういった記念日を大事にしてみてはいかがでしょうか。

誕生日といえばケーキ屋プレゼントを用意するのが定番ですが、演出が特になかったとしても、二人で特別な時間を過ごしているという感覚が大切です。

ありきたりなお祝いの仕方に限らなくても、相手だからこそ喜びそうなことを考えてみてはどうでしょうか。

普段はあまり女性にまめではない男性でも、誕生日の機会をとらえてたまにはロマンチックな演出をしてみるといつもとのギャップも相まって女性を感激させられるでしょう。相すればその日は熱い夜を過ごせるかもしれません。

 

男性は女性からどう呼ばれるかにこだわる

 

親しい間柄だったら呼び捨てとかあだ名で呼びあったりしますが、それが友人同士ならともかく異性間となるとちょっと戸惑いもあったりすると思います。

異性同性問わず仲良くなれるタイプの人柄だったら、友人と同じ感覚で気軽に呼び捨てやあだ名で呼んだりできる人もいますが、異性に慣れていなかったり苦手意識を持っていたりすると、仲良くなるにつれての呼び方の変化で色々と悩んだりもするでしょう。

そうではなくても、男性は助成からどう呼ばれるかにこだわりを持っている人は多いですね。

たとえばメイドさんからご主人様と呼ばれたり、お兄ちゃんと言われるのに喜びを覚える少々マニアックな趣味の人もいますし、呼び方によって自分は助成の中でどんな位置づけなのかに敏感にもなります。
カップルであれば、こう呼んでみてほしいと要望したり、二人の間だけにしか分からない特別な呼び方を考えてみるのも面白いでしょう。